TOTTORI craft 2 – co-tori – in SM-g Nakameguro

中目黒SM-g にて開催中のTOTTORI craft 2に行ってきた。この展示は2月17日より代官山、恵比寿、中目黒界隈で開催している鳥取物産展 “co-tori” 中の一企画となっている。co-tori はちょくちょくfacebook 等でもサイトをシェアしている人もいて、主に代官山好きの女性達にだろうが、結構注目されてもいるよう。どんなかたちにせよ郷土が東京の人々の話題にされることは嬉しい。

さて、今回の展示は前回同様、中井窯、牧谷窯、山根窯、延興寺窯、など鳥取を代表し、そして現代の民藝においても注目されている常連の窯元が中心だった。今回はいつもに増して中井窯作品の存在が目立つ配置になっていたように思う。

そして、延興寺と山根。延興寺窯はまだひとつも持っていない。無骨な感じで嫌いじゃないんだが、どうしても華のある作品にまだ目が行きがちで、もうしばらくあの良さを本当に分かるまでには時間と色んなモノを見る経験が必要だ。

牧谷窯

延興寺窯

山根窯

今回購入したのは、中井の急須と山根のミルクピッチャー。中井窯はコーヒーカップを持っていてもう十分かなとおもっていたが、この急須はなかなか見ないモノで、ウチには岩井窯の大ぶりのポットがあるんだが、大小使い分けでも出来るかな、と自分を納得させる理由を考えて購入。ミルクピッチャーは花瓶的使い方をするつもりで。

左:中井窯 右:山根窯

TOTTORI craft 2 は3/3まで開催中。ちなみに次回はなんですか?とショップの方に聞いたところ、次回は絵付けです、とのこと。こちらも楽しみ。

SM-g ※SMLのサイトから詳細見れます
http://www.sm-l.jp/

 

Juro Saito × Yoshinori Sugimoto Ceramics Exhibition in SM-g Nakameguro

This entry is only Japanese.

中目黒SM-g にて開催中の齊藤十郎 ✕ 杉本義訓(牧谷窯) 二人展に行ってきた。齊藤さんは静岡でJuro Potteryを、杉本さんは鳥取で牧谷窯を開窯しているわけだが、ルーツが共通していて二人とも鳥取の岩井窯、山本さんの元で修行していた過去がある。杉本さんは作品作りの傍らサーフィンを楽しむ海の男であることは以前窯を訪ねていった際に聞いた話だが、今日スタッフの方と話をしていて教えてもらったが齊藤さんの出身は藤沢の方らしい。ひょっとしたら海が好きという点でも共通しているかもしれない。そんな二人の展示は作品の特徴がはっきり分かれていて観ていて楽しいものだった。齊藤さんはというと、土のにおいがしそうな無地のカップも好きだが今回の展示で多くを占めていたのはスリップウェア。一方杉本さんは、ひと目でそれと分かるポップな色使いも見られる練り上げ。杉本さんの作品はショップの会計皿やカード入れにも使われていたりと、スタッフさんも気に入ってそう。齊藤さんのスリップウェアは数ヶ月前に同店舗で行われた山田洋次さんのスリップウェア展にも劣らない見応え。

Makidani Pottery

Juro Pottery

Juro Pottery

本日購入したのは小皿と朝食のパンに丁度良さそうなサイズの中皿。マグカップはここ最近ストックが増えすぎてきたので、泣く泣く断念した。

SM-g:
目黒区青葉台1-15-1 AK-1ビル1F
tel 03-6809-0696
SML: http://www.sm-l.jp/

 

SML – Yoji Yamada, his work of slipware exhibition

Japanese and English

中目黒SM-gにて開催中「山田洋次の仕事」展。スリップウェアを中心に信楽で活動している若干33歳の作家さんだそう。

こんなにたくさんのスリップウェアを一度に見るのは初めてだった為まじまじと一点一点を見比べつつお皿、小鉢などを購入。作品を吟味していて自分は飴色の釉薬よりもベージュ色に濃い色合いのスリップという組み合わせの方が好きなことがわかり、気づいたら明るい色合いのものばかり購入していた。飴色の作品も一点くらいは入れれば良かったかな。
スリップウェアって何?

店内撮影の許可をもらったので堂々と撮影。

今回一番気に入ったのはこちらのコーヒーカップ。上の写真にもある通りソーサーとセットで更に美しくなるのだけれど、普段全くソーサーを使わないのでカップのみを購入。

Visited to SM-g gallery taking place “Yoji Yamada his work of slipware exhibition”. Yamada is 33 years old, mainly working in Shidara, Shiga prefecrure where is famous as traditional ceramics. It’s my first time to see such a lot of slipware ceramics so it’s tough work to choose, eventually I purchased flat dishes and small bowls. And I realized I prefer beige one to amber colored one.

What’s slipware?

SM-g Nakameguro


View Larger Map