FUJIROCK ’14

今年のフジに関しては、いつも行く周りの人間がことごとく行かない宣言を早々にしていたことが特筆される。それはヘッドライナーを始めとするメンツの弱さがやはり原因だろう。勿論自分も行く前には全く同感で、これは更に来場者数減るな、と予想していた。実際発表された来場者数は10万2,000人と昨年より1万人近く少なかったことになる。ちなみに日付毎来場者数は以下らしい。ソースは Qetic

24日前夜祭 10,000人
25日(金) 27,000人
26日(土) 35,000人
27日(日) 30,000人

しかし、行った後の今思うこととして、そんなにメンツ悪かったかな?である。自分も含め先入観で弱いな、と思ってた人達がたくさんいた為の客数減なんだろうけど、個人的には昨年のフジよりよっぽどライブを楽しめたし、新しく好きになったミュージシャンもたくさん出来た。これはフジロック自体が新陳代謝をしている過渡期ということなのかもしれない。過去10年ちょっとを支えてきた往年のファン達には刺さらなかったメンツだが、今回来たオーディエンスは楽しんで帰ったはず。この新陳代謝に適応するか否か、をイチ音楽好きとして試されている気がする。そして、その環境変化に今のところ対応しているぜ、と。

金曜の早朝に越後湯沢に入って、例年通りタクシーを使って会場まで。駅の込み具合、待ちタクシーの台数からして既に来場者数の減少を感じさせた。今回は、テントとリュックを予め宅急便で送って会場で受け取る手はずを取ったので、快適に移動できた。キャンプサイトに入ってからは、昨年の痛恨のミスを繰り返さないように、昔よく貼っていたエリアに上がって、トイレも近くにある割とフラットな場所に決める。朝待ち合わせていた友人は案の定、到着が遅れるとのことなので、一人でテントを設営。

友人の到着を待って、会場入りしたのがお昼前位だったか。金曜日に観たステージは時系列で以下。素通りは除く

  • JAMES IHA
  • WILD BEASTS
  • TEMPLES
  • FOSTER THE PEOPLE
  • BOMBAY BICYCLE CLUB
  • 温泉
  • BASEMENT JAXX

BOMBAY~ の後に温泉が入ってるのがポイントである。昨年キャンプサイトに復帰して一番の発見が苗場プリンスの温泉を使えることだった。これのおかげで昨年は雨で冷えた体をリフレッシュさせることができた。それに味をしめて今回も要所で温泉が入ってくるわけだが、今年は金・土と完璧な晴れだったので、この温泉は汗を流しにという別の理由である。

JAMES IHA は初めて観たが、率直に言うと彼は歌わない方がいい。サウンドやメロディーは好きだが、彼のボーカルが台無しにしてた。音楽に関わってるんだからいくらギターリストでももっと歌上手くていいんじゃ、って思う位下手。スマパンファンなので見てみたという程度。TEMPLES から JAXX まではハズレ無しの大満足ステージばかり。この日のベストはTEMPLES も良かったが、ステージの迫力、グルーヴ、演出等でBASEMENT JAXX が上回った。

26日土曜日。

  • キャンプサイトでごろごろ
  • オレンジの奥、Cafe De Paris エリアの木陰で昼寝
  • JUNGLE BY NIGHT
  • ST.VINCENT
  • 温泉
  • ARCADE FIRE
  • JUNGLE BY NIGHT

この日は猫のように前半ごろごろしていた。昼までキャンプサイトの木陰にマットを持って行き寝たりネットサーフィン。やっと会場入りしても飯→移動→移動先で昼寝 というレイドバックな過ごし方。。やっと目が覚めたのがCafe De Paris のJUNGLE BY NIGHT. YOUTUBE でライブ映像を見て以来楽しみにしていたんだが、期待以上の楽しいステージだった。若さがほとばしってて、それゆえにオーディエンスの盛り上がりに素直に興奮しているのが伝わってきた。盛り上げ上手なのもあり、狭いテント内が完全に一体化していた。この興奮を川遊びしてた友人に伝えたら、見れば良かった、と後悔し始めて深夜のクリスタル・パレスのステージも観ることに。ちなみにそこのパフォーマンスも良かったので、翌日午前中のオレンジコートの3回目のステージにも足を運んだのだった。同じバンドを3回観るというのは初めて。その次のST.VINCENT は一曲YOUTUBEで知ってたので観てみるか、程度に行ったのだが完成度の高いアーティスティックなステージに魅了された。もっと前でしっかり観るんだったと後悔。そしてアー写をググってさらに後悔。近くで観たかった、、ARCADE FIRE も直前まで全く音源聞いたことなかったバンド。海外の色んなフェスに出てるので名前だけは良く聞くな、て程度の認識。これは完全に食わず嫌いしてたわー、とYOUTUBE のライブ映像を見て認識を改めた。この日のベストはそんなARCADE FIRE. なんとなく幻想的なイメージがあって、同じケベック出身のサーカス、シルク・ドゥ・ソレイユ を連想させる。

27日日曜日。

  • JUNGLE BY NIGHT
  • bonobos
  • BEGIN
  • JOHN BUTLER TRIO
  • ASGEIR  実際ほぼ寝てた
  • THE FLAMING LIPS
  • LORDE
  • JACK JONSON

昨年同様、最終日は貝掛温泉に宿泊するので、朝テントを撤収して10時頃旅館にチェックイン。昨夜あたりから空気が冷たくなり、雨が来そうだなと思っていたんだが、テント撤収時は晴れていたのに、貝掛温泉に到着した頃降り始めた。11時半のJUNGLE BY NIGHT に間に合わせるため会場に戻ったところ、やはりこちらも降りだしていて、雨具装備でオレンジへ。前日2回のステージをこなし、2回目は深夜だったのに朝からまた演るなんてタフだな、、と思いながら観てたが、雨が降っていたのもあったけど明らかに前日のパフォーマンスより劣る。ステージが大きくなって客との距離が出たのもある。一体感があまり無い。小箱で満喫させてもらったし、ということでヘブンの bonobos へ。メンバーが結構な数脱退してから初めて観る、というかかなり久々。相変わらずハートが熱くなるボーカルで良かったんだけど、最後定番だったはずの Thank you for the music をやらない、という昔を知ってる人間にはサプライズがあった。バンド構成が変わって以来やってない曲なのかもしれない。

JOHN BUTLER TRIO も楽しみにしていたバンドの1つ。フジで観るのはもう3回目。こちらも良かったんだけど、新譜のシングル Only One を演らなかったり、最後の定番曲を演らない、など少々物足りない内容だった。もう1つ楽しみにしていた THE FLAMING LIPS. ライブがとても評判いいのに今まで観る機会が無かったので、頑張って前列で待機。最初っから紙吹雪出るわ、変なキグルミ登場するわで期待どおり大満足なステージだった。終わってすぐにレッドの LORDE へ。こちらも演ってる本人が楽しんでるのが遠くからでも伝わってくる本気度の高いパフォーマンスだった。LIPS と時間が被らなかればもっと前で観たかった。かなり前で観ていた友人曰く、オーディエンスの盛り上がりっぷりに感動している表情が見れ取れて、それを見てこっちも感動したとのこと。JACK JONSON はまあ、CD 通りというかそれ以上でも以下でもないステージ。寒くなければ最後までいたかもしれないが、早く温泉でゆっくりしたい欲求の方が勝り、途中でステージを後にして今年のフジロックを終了させた。この日のベストはTHE FLAMING LIPS.

変化に気付いて邪推しているのだが、いつも最終日の夜ゲートには SEE YOU NEXT YEAR とのみメッセージが掲げられているのに、今回は早くも日程まで書いてあった。これは一見ただの親切とも受け取れるけれど、ここ数年の来場者数減少を受けて、運営側が少しでも動員数を戻すために早期に日程を発表したのかな、なんて深読みしたり。が、まあ深い事情はきっと無いのでしょう。

さて、TOP3 PERFORMANCE.

  1. ARCADE FIRE
  2. JUNGLE BY NIGHT
  3.  BASEMENT JAXX

新規発見等で印象に残ったミュージシャン TOP3.

  1. ARCADE FIRE
  2. ST.VINCENT
  3. JUNGLE BY NIGHT

コメントは受け付けていません。