New style of dating services are booming in Japan?

this entry is written only Japanese.

人と人を結びつけるサービスはインターネットの黎明期から度々、流行っては姿を消していくサイクルを繰り返している。古くはご近所さんを探せ、出会い系の走りともいえるエキサイトフレンズ、それに続く各ポータルサイトの出会い系サービス、携帯サイトにおいてはスタービーチや現在そこら中にラッピングバスを走らせているPCマックスやハッピーメール。こうして見てみると、異性とのセックスの匂いがプンプンするサービスばかりである(笑。

2004年から始まるSNSブームは、出会い系が一旦下火になった後、健全な社交ツールとして脚光を浴びたけれど、やはりその根底には異性と知り合いたいという下心もあり、かたちを変えたデートサービスとも言える存在だった。

さて、ここ最近はfacebook ID を使ったサービスがじわじわと注目を集め始めて、新しい出会い系のスタイルを確立しつつあるように思う。ソーシャルランチはスタイリッシュな合コンサイトとも受け取れるし、つい先週から開催されているSXSWでの今年の注目株はhighlightという、自分の行動エリアの近くにいる人を表示して(友人の友人まで)交流のきっかけを創出するサービス。highlightはまだ一部のIT系ワーカーのみが使っているサービスだけれども、今後日本人向けに微修正されたクローンが出てくることは確実だろう。つい最近のPinterestクローン祭りは記憶に新しい。

このように、日本においてもビジネスっぽさ、健全性、洗練された最新技術、など色々なオブラートで包まれつつも、出会いのスタイルも進化しているようだ。

コメントを残す