SML – TOTTORI CRAFT -

This entry is written by only Japanese.

先日の鳥取窯元訪問から火が着いた陶器への熱気が冷めること無く、中目黒と恵比寿にあるSMLというショップで開催中の鳥取のうつわ展に行ってきた。

購入したのは、中井窯と山根窯のカップ。しかし、どちらの店舗でも牧谷窯の作品が非常に多く展示されており目を引いた。店の方とも話をしたけれど、固定のファンも多く、あのようなポップな練り上げはなかなか無いとのこと。

左2つは中井窯、右が山根窯

SLM
東京都渋谷区恵比寿西2-17-22


大きな地図で見る

Visit to my hometown’s ceramic pottery

This entry is written by only Japanese.

Vancouverへ行く前に、実家に帰ってきた。今回はふとした話の流れで鳥取の民藝を見に行こうということになり、窯元を2軒回っていくつか陶器を購入した。

案内をしてくれたのは中学からの親友。地元で建築士として設計事務所に勤務している関係で、県内のモノづくりに関わる人達との親交が深く、見学に行った作家さんとも親しそう。まずは、牧谷窯。モゲさんと呼ばれる杉本さんは超アナログ人間らしく、自前のサイトがないようなので、以下に県観光課と外部サイトのURLを掲載。
http://www.pref.tottori.lg.jp/30714.htm
http://qu-wan.com/?mode=f1

元DJ、現サーファーでもあるらしく、とても気さくな人柄。なんとなく世間話をしながら作品を見せてもらい、茶碗と長皿、箸置きを購入した。

納品予定の作品など

 

 

 

 

 

 

モゲさんこと杉本さん

 

 

 

 

 

 

乱雑に作品が並ぶがどれも魅力的

 

 

 

 

 

 

購入した茶碗

 

 

 

 

 

 

赤絵のシンプルな皿

 

 

 

 

 

 

和菓子のような可愛らしい色合いの箸置き

 

 

 

 

 

 

 

 

飾り気はなく、ストイックな雰囲気の工房にてしばらく談笑したのち、続いて岩井窯へ移動。車中で、岩井窯の山本さんは上述の杉本さんが修行していた師匠に当たる人だという話を聞きつつ、到着。
http://www.iwaigama.com/index.html

ショップ、喫茶店、参考館などが建つ敷地の入り口

山本さんは40年近くこちらで創作活動をされているようで、メディア露出も多く、それらを反映した立派な敷地を歩いて中へ入る。

 

 

 

 

友人の先導で

 

 

 

 

 

 

作品群

 

 

 

 

 

 

見せ方が上手く購買意識を刺激される

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらで購入したのは、カップ2点とポット。

コーヒーカップ

 

 

 

 

 

 

なごみ感のあるカップ

 

 

 

 

 

 

存在感のあるポット

 

 

 

 

 

 

蓋の模様も気にいった要素のひとつ

 

 

 

 

 

 

 

 

山本さんとご家族のご好意で、喫茶室にてコーヒーとあんみつをいただいて、窯を後にした。

もちろん提供される飲み物などはすべて山本さんの作品

 

 

 

 

 

 

あんみつ&コーヒー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな鳥取の民藝だが、偶然にも代官山のSMLという店で3/20より「TOTTORI CRAFT in tokyo」という企画展を開催しているようで、牧谷窯もそこで見れるよう。
http://www.sm-l.jp/blog/3052

週末だけの短い滞在だったが、久しぶりの帰郷は充実したものとなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

Recently music festivals scene in Asia

Probably Fujirock music festival is one of the most popular music festival in Asian area. Although it depends on a definition of “popular”, if its definition contains cleanness, I can say “not only Asian area but also over the world.”

By the way I didn’t know there are some outdoor music festivals in China. That name is Strawberry Music Festival. When I worked in Shanghai about 4 years ago, I had heard some Chinese staffs that is there big music festivals like Fujirock in China? They all said “No, Police and Government wouldn’t allow such kind of events. They are afraid of possibilities of riots and demonstrations.” I was convinced by the reason in that time. Because when I lived in Shanghai, usually I felt like I’m in a democratic state, but actually China was still communist country. Of course it isn’t change up to now, but knowing the existence of that fastivals, I thought their policy is changing gradually. So, get back to the story, on the one hand, I was very surprised to lead this entry about Beijing’s rock music scene. And more surprising fact was that it took place in Beijing since 2007. According the blog entry above, some Japanese bands had appeared on the stage in a past. But on the other hand, there are some anxious factors.

”Attention: Suzhou Strawberry Music Festival 2011 has been canceled due to seriouse damages of park facilities by lightning and weather recently.”

Last year, suddenly the official site announced about cancelation of the Suzhou’s one. (now it disappeared ) They mentioned the reason was facilities problem, but as the blog’s writer of that entry said, in all likelihood it deeply related to Ai Weiwei’s arrest.
http://www.webdice.jp/diary/detail/5557/

Change the topic, Korean event promoter Yellowline have been forming alliance to Smash which is promoter of Fujirock. So since 2009 we can see similar line up  with Fujirock in JISAN VALLEY ROCK FESTIVAL in Korea.

In conclusion, recent Asian outdoor music festival’s market is growing up quickly and it can offer great opportunities for musicians over the world. Many bands are able to make an efficient tour schedule when they think of world tour, and it will bring much money to bands. And Asian music funs will have more opportunities to see many kind of musicians.

          

 

アジアのミュージックフェス事情について。
フジロックは、アジアで最も知名度、規模共に大きなフェスティバルの1つだと思うが(クリーンという分野においては世界一という話もあるが、真偽は不明)、ここ数年は他のアジア諸国でも同様のフェスが増えてきているようで、中国では Strawberry Music Festival というフェスが2007年から続いており、デモや暴動を厳しく取り締まっている中国政府がよくぞ開催を許可したな、と政策の微妙な変化を感じさせられる。とはいっても、昨年はAi Weieiの逮捕に関連して蘇州で開催予定の同フェスが急遽中止になるなど、まだまだ政治に翻弄される文化環境であることも再認識させられた。このあたりの事情については、こちらのブログを参照:
http://www.webdice.jp/dice/detail/3162/
http://www.webdice.jp/diary/detail/5557/

隣の韓国に目を移してみると、イエローラインという興行会社がフジロックを主催するスマッシュと提携して2009年より JISAN VALLEY ROCK FESTIVAL を開催しており、こちらのラインナップを見ると非常にフジロックと似ている。今年12年のヘッドライナーは全く同じ、Radiohed,The Stone Roses となっている。

こうして見ると、もはやアジアのフェスも世界中のバンドやミュージシャンにとって1つの重要なマーケットになっているように思える。フジロックに来るついでに韓国、中国もまわって一稼ぎする、というツアースケジュールが出てくるのもそう遠くないのではないだろうか。音楽好きとしては、アジアマーケットの拡大で、より多くのライブを観る機会が増えるのは喜ばしいことだと思う。

 

Present for an ex-colleague

I have a dream, correctly I had a dream. But today it have come true. Presenting a hilarious  thing is one of my hobby. And recently I was aiming at a big prosciutto ( italian ham ), because nobody imagine some guys carry big pig’s bone for celebration such as birthday, promotion, marriage and so on. That’s why I was waiting for the moment and when one of my ex-colleague told me to start a bakery for a few weeks, I thought time has come!

About 11kg...

I bought it an Italian restaurant next to my apartment. The owner was really kind person, he got it for me. So fortunately I could get it as wholesale price. Although even wholesale price wasn’t cheap…

 

 

He is setting a ham in a holder.

 

 

 

 

 

 

commemorative shooting

 

 

 

 

 

 

 

 

As a result, that surprise was highly successful.

 

The memory of Jakarta night

Suddenly it springed to my mind, so I’m writing down.

Have you ever been to any Islamic countries during Ramadan? I’d been to Jakarta with an ex-colleague born in Indonesia. In the town, people were reading aloud the Koran, and it  was broadcasted loudly so we had to hear it everywhere we went. And basically people can’t eat and drink anything from sunrise to sunset. But we went there to attend a tech event, so we didn’t want to follow that rule. As I said, the ex colleague was born in Indonesia but he isn’t Muslim, he is a descendant of china so called overseas Chinese.
That’s why we were eating lunch, he had known some restaurant open during Ramadan, and we were planning to go out at night. As you might know Muslim are prohibited from drinking any alcohol, but there are a few bars for people who aren’t Muslim. Anyways while he told me about his recommendation he said to me seriously, “you must carry your passport.” So I asked him “how come?” He said, during Ramadan several radical Islamic groups are patrolling the street, looking for people who are partying, and Sometime they attack such places. If you are caught by them you may be released by showing a Japanese passport to them, because they don’t think Japanese people are enemies of Muslims. Eventually we went to a Karaoke bar with his local friends, but it was one of the most tense experience in a Karaoke I’ve ever had.

If you go to Islamic countries during Ramadan, you have two options. Do as the Romans do, or enjoy night in a hiding place. And one more thing, never bring an American passport.

New style of dating services are booming in Japan?

this entry is written only Japanese.

人と人を結びつけるサービスはインターネットの黎明期から度々、流行っては姿を消していくサイクルを繰り返している。古くはご近所さんを探せ、出会い系の走りともいえるエキサイトフレンズ、それに続く各ポータルサイトの出会い系サービス、携帯サイトにおいてはスタービーチや現在そこら中にラッピングバスを走らせているPCマックスやハッピーメール。こうして見てみると、異性とのセックスの匂いがプンプンするサービスばかりである(笑。

2004年から始まるSNSブームは、出会い系が一旦下火になった後、健全な社交ツールとして脚光を浴びたけれど、やはりその根底には異性と知り合いたいという下心もあり、かたちを変えたデートサービスとも言える存在だった。

さて、ここ最近はfacebook ID を使ったサービスがじわじわと注目を集め始めて、新しい出会い系のスタイルを確立しつつあるように思う。ソーシャルランチはスタイリッシュな合コンサイトとも受け取れるし、つい先週から開催されているSXSWでの今年の注目株はhighlightという、自分の行動エリアの近くにいる人を表示して(友人の友人まで)交流のきっかけを創出するサービス。highlightはまだ一部のIT系ワーカーのみが使っているサービスだけれども、今後日本人向けに微修正されたクローンが出てくることは確実だろう。つい最近のPinterestクローン祭りは記憶に新しい。

このように、日本においてもビジネスっぽさ、健全性、洗練された最新技術、など色々なオブラートで包まれつつも、出会いのスタイルも進化しているようだ。

Summary: Planning to 3months staying in Vancouver

This entry is written by only Japanese.

バンクーバーの視察から帰国して約1週間。今回回った場所とバンクーバーの感想を簡潔にまとめておこうと思う。

  • 出会った人、接客してくれたレストランやカフェの人達は総じてフレンドリー。
  • 街は結構田舎。ダウンタウンの中心以外は高層ビルもそれほど無く、東京に長く暮らした経験のある人間からすると地方都市に来たような感覚。
  • アジア人が本当に多い。場所にもよるが、ダウンタウンの中心地から西側のデンマン通りあたりまでは、すれ違う人の4割位がアジア系だったような気がする位多い。かつ日本人も思ったよりも多い。ただほとんどは留学生など学生層だと思われる。
  • 治安は良い。東京と変わらない。多少物騒と言われるヘイスティングス通りの 東側はさすがにホームレスやドラッグ中毒者と思われる風貌の人々が夜な夜なたむろしているが、絡んでくるようなことは今回無かった。

結論としては、3ヶ月勉強に行くならばアリかなと。寒いのが苦手、かつ東京在住のカナダ人に友人を紹介してもらうという縁もあってバンクーバーに決めたが、都会的な刺激を求めるならば、トロントかモントリオールといった東側の都市に行くべきなんだろうと思う。実際滞在中に行ってみたいと考えている都市は、シアトル、トロント、モントリオール。バンクーバーも車で郊外に行けば、自然が広がっているし、世界遺産のような景色も見れるようなので、ぜひ試してみたいと思う。

今回の目的である「英語に慣れる」を実践するにあたり選んだプログラムが以下のコース。
GASTOWN BUSINESS COLLEGE  INSIST12

6週間のビシネス英語研修の後、6週間のインターンシップに参加して現地企業の中で仕事を通して英語を使う習慣を身につけるというもの。勿論1ヶ月半で出来ることは限られているのだけれど、一身上の都合で今回は3ヶ月滞在が限界だった。視察してきた今としては、想像よりも小さな街だったので3ヶ月で丁度良かったかなと思っている。ここで英語圏の文化や人間関係に慣れることができたら、次はロンドンかN.Yでも行ってみたいな、などと夢も広がる。おそらく都会になるほど人もドライになっていくと思われるので、入門編としてバンクーバーは良い選択ではないかと思う。

最後に住居について。短期滞在となると、家具付きのマンスリーマンションが一番良い選択肢。ただなかなか日本人がやっている不動産会社を調べていてもそういった物件は無い。だいたいが分譲もしくは数年契約の通常賃貸物件。語学学校や留学サポートセンターにも短期滞在型物件はあるけれど、モノが少ないので、今回は現地の不動産サイトを色々調べて、ひとつのサイトにたどり着いた。
SUNSTAR REALTY LTD
こちらのサイトの家具付き短期滞在型物件リストがこちら。Furnished というのが家具付きという意味。

Vancouver nights

It was a first night of Vancouver at Four Seasons Hotel. I was surprised to see the bottle of champagne and strawberries with chocolate when I came back to my room at night, because I didn’t order that. Of course it was a misstake of a staff.

Moet&Chandon

 

 

 

 

 

 

Big strawberries...

 

 

 

 

 

 

thought whether I should eat or not

 

 

 

 

 

 

 

The second night, I met a friend of the friend staying in Tokyo who isn’t only  my English teacher but also a friend of mine, he introduced me to his old friend and we contacted each other by mail. His name is Eric. Eric and I met at Foundation. Eric brought his friends and Japanese girl friend. We ate nachos, had good time.

before going to Foundation, I got a tea at GENE Cafe

 

 

 

 

 

 

 

Foundation

 

 

 

 

 

 

 

rakugaki

 

 

 

 

 

 

 

 

 

lads