TOTTORI craft 2 – co-tori – in SM-g Nakameguro

中目黒SM-g にて開催中のTOTTORI craft 2に行ってきた。この展示は2月17日より代官山、恵比寿、中目黒界隈で開催している鳥取物産展 “co-tori” 中の一企画となっている。co-tori はちょくちょくfacebook 等でもサイトをシェアしている人もいて、主に代官山好きの女性達にだろうが、結構注目されてもいるよう。どんなかたちにせよ郷土が東京の人々の話題にされることは嬉しい。

さて、今回の展示は前回同様、中井窯、牧谷窯、山根窯、延興寺窯、など鳥取を代表し、そして現代の民藝においても注目されている常連の窯元が中心だった。今回はいつもに増して中井窯作品の存在が目立つ配置になっていたように思う。

そして、延興寺と山根。延興寺窯はまだひとつも持っていない。無骨な感じで嫌いじゃないんだが、どうしても華のある作品にまだ目が行きがちで、もうしばらくあの良さを本当に分かるまでには時間と色んなモノを見る経験が必要だ。

牧谷窯

延興寺窯

山根窯

今回購入したのは、中井の急須と山根のミルクピッチャー。中井窯はコーヒーカップを持っていてもう十分かなとおもっていたが、この急須はなかなか見ないモノで、ウチには岩井窯の大ぶりのポットがあるんだが、大小使い分けでも出来るかな、と自分を納得させる理由を考えて購入。ミルクピッチャーは花瓶的使い方をするつもりで。

左:中井窯 右:山根窯

TOTTORI craft 2 は3/3まで開催中。ちなみに次回はなんですか?とショップの方に聞いたところ、次回は絵付けです、とのこと。こちらも楽しみ。

SM-g ※SMLのサイトから詳細見れます
http://www.sm-l.jp/

 

Back to Tottori in New Year day

年末年始と帰郷した際の発見をいくつか。

1. 味歴あんべ

山陰の冬の味覚を代表する松葉ガニが食べれる店。北海道で食べるタラバガニとは全く違う、細身の蟹。こちらの方が味がしっかりあり甘みもある。その親ガニという、小ぶりだが卵を持つ蟹の丼、その名も親ガニ丼。蟹の味噌汁はお代わり自由で2500円也。
2. スーパーはくと号の手洗い鉢

鳥取〜京都間を走る特急スーパーはくとの車内にある洗面台は、因州を代表する焼き物のひとつ、中井窯のものだった。中井といえばそのキャッチーな3色のバランスからなる皿やカップが東京SMLやBEAMSでも定番商品として置かれている、人気窯。何度も乗っているのに今まで気づかなかった。自分が陶器に興味を持ったのが最近のことだからというのもある。

中井窯の洗面台

3. やはり雪は積もる…

今更発見というわけでもないが、やはり年末年始は雪が積もる。なので正月に飛行機で帰郷することが出来ない。理由は鳥取空港が雪に弱く、離着陸が出来ない可能性があるから。冬場の帰郷は1日がかりなのだ。