Israeli cuisine Ta-im

The other day accidentally I found an Israeli restaurant which is located between Ebisu and Hiroo. Actually it’s kind of small shop as it’s called “an restaurant”, but I don’t know same word as “食堂” in English… shop?

I think it’s my first time to eat an Israeli cuisine but I liked that indeed.

And the owner of the “shop” was really friendly, he’s writing customer’s name on the wall in Hebrew. It reminded me of the wailing wall, of course those two things are quite different, only same as “wall”.

He’s really nice person, and his cooking’s as well. You should go there.

Israeli cuisine Ta-im


View Larger Map

Back to Tottori in New Year day

年末年始と帰郷した際の発見をいくつか。

1. 味歴あんべ

山陰の冬の味覚を代表する松葉ガニが食べれる店。北海道で食べるタラバガニとは全く違う、細身の蟹。こちらの方が味がしっかりあり甘みもある。その親ガニという、小ぶりだが卵を持つ蟹の丼、その名も親ガニ丼。蟹の味噌汁はお代わり自由で2500円也。
2. スーパーはくと号の手洗い鉢

鳥取〜京都間を走る特急スーパーはくとの車内にある洗面台は、因州を代表する焼き物のひとつ、中井窯のものだった。中井といえばそのキャッチーな3色のバランスからなる皿やカップが東京SMLやBEAMSでも定番商品として置かれている、人気窯。何度も乗っているのに今まで気づかなかった。自分が陶器に興味を持ったのが最近のことだからというのもある。

中井窯の洗面台

3. やはり雪は積もる…

今更発見というわけでもないが、やはり年末年始は雪が積もる。なので正月に飛行機で帰郷することが出来ない。理由は鳥取空港が雪に弱く、離着陸が出来ない可能性があるから。冬場の帰郷は1日がかりなのだ。