FUJIROCK ’14

今年のフジに関しては、いつも行く周りの人間がことごとく行かない宣言を早々にしていたことが特筆される。それはヘッドライナーを始めとするメンツの弱さがやはり原因だろう。勿論自分も行く前には全く同感で、これは更に来場者数減るな、と予想していた。実際発表された来場者数は10万2,000人と昨年より1万人近く少なかったことになる。ちなみに日付毎来場者数は以下らしい。ソースは Qetic

24日前夜祭 10,000人
25日(金) 27,000人
26日(土) 35,000人
27日(日) 30,000人

しかし、行った後の今思うこととして、そんなにメンツ悪かったかな?である。自分も含め先入観で弱いな、と思ってた人達がたくさんいた為の客数減なんだろうけど、個人的には昨年のフジよりよっぽどライブを楽しめたし、新しく好きになったミュージシャンもたくさん出来た。これはフジロック自体が新陳代謝をしている過渡期ということなのかもしれない。過去10年ちょっとを支えてきた往年のファン達には刺さらなかったメンツだが、今回来たオーディエンスは楽しんで帰ったはず。この新陳代謝に適応するか否か、をイチ音楽好きとして試されている気がする。そして、その環境変化に今のところ対応しているぜ、と。

金曜の早朝に越後湯沢に入って、例年通りタクシーを使って会場まで。駅の込み具合、待ちタクシーの台数からして既に来場者数の減少を感じさせた。今回は、テントとリュックを予め宅急便で送って会場で受け取る手はずを取ったので、快適に移動できた。キャンプサイトに入ってからは、昨年の痛恨のミスを繰り返さないように、昔よく貼っていたエリアに上がって、トイレも近くにある割とフラットな場所に決める。朝待ち合わせていた友人は案の定、到着が遅れるとのことなので、一人でテントを設営。

友人の到着を待って、会場入りしたのがお昼前位だったか。金曜日に観たステージは時系列で以下。素通りは除く

  • JAMES IHA
  • WILD BEASTS
  • TEMPLES
  • FOSTER THE PEOPLE
  • BOMBAY BICYCLE CLUB
  • 温泉
  • BASEMENT JAXX

BOMBAY~ の後に温泉が入ってるのがポイントである。昨年キャンプサイトに復帰して一番の発見が苗場プリンスの温泉を使えることだった。これのおかげで昨年は雨で冷えた体をリフレッシュさせることができた。それに味をしめて今回も要所で温泉が入ってくるわけだが、今年は金・土と完璧な晴れだったので、この温泉は汗を流しにという別の理由である。

JAMES IHA は初めて観たが、率直に言うと彼は歌わない方がいい。サウンドやメロディーは好きだが、彼のボーカルが台無しにしてた。音楽に関わってるんだからいくらギターリストでももっと歌上手くていいんじゃ、って思う位下手。スマパンファンなので見てみたという程度。TEMPLES から JAXX まではハズレ無しの大満足ステージばかり。この日のベストはTEMPLES も良かったが、ステージの迫力、グルーヴ、演出等でBASEMENT JAXX が上回った。

26日土曜日。

  • キャンプサイトでごろごろ
  • オレンジの奥、Cafe De Paris エリアの木陰で昼寝
  • JUNGLE BY NIGHT
  • ST.VINCENT
  • 温泉
  • ARCADE FIRE
  • JUNGLE BY NIGHT

この日は猫のように前半ごろごろしていた。昼までキャンプサイトの木陰にマットを持って行き寝たりネットサーフィン。やっと会場入りしても飯→移動→移動先で昼寝 というレイドバックな過ごし方。。やっと目が覚めたのがCafe De Paris のJUNGLE BY NIGHT. YOUTUBE でライブ映像を見て以来楽しみにしていたんだが、期待以上の楽しいステージだった。若さがほとばしってて、それゆえにオーディエンスの盛り上がりに素直に興奮しているのが伝わってきた。盛り上げ上手なのもあり、狭いテント内が完全に一体化していた。この興奮を川遊びしてた友人に伝えたら、見れば良かった、と後悔し始めて深夜のクリスタル・パレスのステージも観ることに。ちなみにそこのパフォーマンスも良かったので、翌日午前中のオレンジコートの3回目のステージにも足を運んだのだった。同じバンドを3回観るというのは初めて。その次のST.VINCENT は一曲YOUTUBEで知ってたので観てみるか、程度に行ったのだが完成度の高いアーティスティックなステージに魅了された。もっと前でしっかり観るんだったと後悔。そしてアー写をググってさらに後悔。近くで観たかった、、ARCADE FIRE も直前まで全く音源聞いたことなかったバンド。海外の色んなフェスに出てるので名前だけは良く聞くな、て程度の認識。これは完全に食わず嫌いしてたわー、とYOUTUBE のライブ映像を見て認識を改めた。この日のベストはそんなARCADE FIRE. なんとなく幻想的なイメージがあって、同じケベック出身のサーカス、シルク・ドゥ・ソレイユ を連想させる。

27日日曜日。

  • JUNGLE BY NIGHT
  • bonobos
  • BEGIN
  • JOHN BUTLER TRIO
  • ASGEIR  実際ほぼ寝てた
  • THE FLAMING LIPS
  • LORDE
  • JACK JONSON

昨年同様、最終日は貝掛温泉に宿泊するので、朝テントを撤収して10時頃旅館にチェックイン。昨夜あたりから空気が冷たくなり、雨が来そうだなと思っていたんだが、テント撤収時は晴れていたのに、貝掛温泉に到着した頃降り始めた。11時半のJUNGLE BY NIGHT に間に合わせるため会場に戻ったところ、やはりこちらも降りだしていて、雨具装備でオレンジへ。前日2回のステージをこなし、2回目は深夜だったのに朝からまた演るなんてタフだな、、と思いながら観てたが、雨が降っていたのもあったけど明らかに前日のパフォーマンスより劣る。ステージが大きくなって客との距離が出たのもある。一体感があまり無い。小箱で満喫させてもらったし、ということでヘブンの bonobos へ。メンバーが結構な数脱退してから初めて観る、というかかなり久々。相変わらずハートが熱くなるボーカルで良かったんだけど、最後定番だったはずの Thank you for the music をやらない、という昔を知ってる人間にはサプライズがあった。バンド構成が変わって以来やってない曲なのかもしれない。

JOHN BUTLER TRIO も楽しみにしていたバンドの1つ。フジで観るのはもう3回目。こちらも良かったんだけど、新譜のシングル Only One を演らなかったり、最後の定番曲を演らない、など少々物足りない内容だった。もう1つ楽しみにしていた THE FLAMING LIPS. ライブがとても評判いいのに今まで観る機会が無かったので、頑張って前列で待機。最初っから紙吹雪出るわ、変なキグルミ登場するわで期待どおり大満足なステージだった。終わってすぐにレッドの LORDE へ。こちらも演ってる本人が楽しんでるのが遠くからでも伝わってくる本気度の高いパフォーマンスだった。LIPS と時間が被らなかればもっと前で観たかった。かなり前で観ていた友人曰く、オーディエンスの盛り上がりっぷりに感動している表情が見れ取れて、それを見てこっちも感動したとのこと。JACK JONSON はまあ、CD 通りというかそれ以上でも以下でもないステージ。寒くなければ最後までいたかもしれないが、早く温泉でゆっくりしたい欲求の方が勝り、途中でステージを後にして今年のフジロックを終了させた。この日のベストはTHE FLAMING LIPS.

変化に気付いて邪推しているのだが、いつも最終日の夜ゲートには SEE YOU NEXT YEAR とのみメッセージが掲げられているのに、今回は早くも日程まで書いてあった。これは一見ただの親切とも受け取れるけれど、ここ数年の来場者数減少を受けて、運営側が少しでも動員数を戻すために早期に日程を発表したのかな、なんて深読みしたり。が、まあ深い事情はきっと無いのでしょう。

さて、TOP3 PERFORMANCE.

  1. ARCADE FIRE
  2. JUNGLE BY NIGHT
  3.  BASEMENT JAXX

新規発見等で印象に残ったミュージシャン TOP3.

  1. ARCADE FIRE
  2. ST.VINCENT
  3. JUNGLE BY NIGHT

FUJIROCK ’13

今年の来場者数は約11万1000人とのこと。昨年のラインナップと比較して今年は弱いと言われていたが、それを反映して昨年の14万人より3万人少なかったことになる。

個人的な願望としては、このまま10万人位で今後も続いて欲しいと思う。昨年はさすがに人が多すぎて窮屈さを感じた。野外フェスでそう感じたのは初めてかもしれない。

今年は久々に、実に2009年以来久しぶりにキャンプをした。初日の朝に新幹線で出発したのだが、ひとりでテント・サンシェード・椅子・その他キャンプ用品を持っていくのは大変しんどく、90L入りの巨大リュックがパンパンになってしまった。そして先についたので一人で設営。と、ここまでは良かったのだが、立てた場所が悪く夕方になってスタッフにどかしてくれと言われる始末。友人が来るのを待って温泉に行き、合流したところで仕方なく移動。大雨に1日1度は見舞われる今年のフジだったがテント泊自体は割と快適だった。それには大いに温泉が関係しており、夕方と寝る前の1日2度の温泉利用があったからだと思う。

ライブ自体はそれほど記憶に残ったパフォーマンスが無い。今年は楽しみにしていたバンドにことごとくハズされた。マイブラは音が悪くボーカルは全く聴こえなかったし、FOALSはしっとりしたセットリストで盛り上がりに欠けた。BJORKはさすがのクオリティで聴き応えあったけれど、完成度が高いがゆえにCDを聴いているのと差が無く、ライブ感が薄かった。相対性理論については、今後フジでは無しだなと思った。明らかに客層が異なっており、異様な盛り上がり方をしていた。
そんな中YO LA TENGO は初めて見たけれどライブ感溢れるステージで満足したし、LOS GUANCHES の脳天気に明るいキューバノリは、客を交えて盛り上がるとても楽しいもので、小ぶりなステージだったけどフジロックらしいパフォーマンスだった。

今年見たリスト。

LOS GUANCHES
cro-magnon
THE SEA AND CAKE
MY BLOODY VALENTINE
DEATH GRIPS
DJ SHADOW

AIMEE MANN
LAMA
KYTE
奥田民生
FOALS
BJORK
JURASSIC5

YO LA TENGO
THE HOT8 BLASS BAND
TORO Y MOI
相対性理論
CAT POWER
The xx

今年はヒートアップしすぎた’12からのクールダウンの年と位置づけて、来年また楽しめるラインナップになることを期待する。

 

 

 

 

Hong Kong trip

随分間が空いてしまった。4/13-15と香港に行ってきた。目的は銀行関係の所用と久々に現地に住む友人の結婚祝い。といっても披露宴等があるわけではなく、ただ顔をあわせておめでとうと言うだけのものだ。奥さんと食事をする予定なのだが、会うのは2度目で以前会ったときまだ二人は付き合っていなかった。

香港に行くのはおそらく4度目。主要な場所はビクトリア・ピークを除いてだいたい見ているので特にあても無く九龍の方の市街をブラブラしながら互いの近況報告などをしていた。

新しい発見が無いので、取り立てて書くことも無くなってしまうのだが、今回宿泊した Ritz-Carlton Hong Kong は世界で一番高い場所にあるホテルなのだそう。そういうものは近年ドバイや中東の都市に集中していると思っていたので意外。

The Ritz-Carlton, Hong Kong

友人との会話の中で、シンガポールと香港、どちらが住んでいて楽しいか?という質問をしてみた。そいつはシンガにも4年程赴任していたので比較するには十分な期間を過ごしている。答えは香港。サーフィンするのに便利だから、という理由だったので客観性に欠ける回答だが、一応覚えておこうと思う。

 

 

TOTTORI craft 2 – co-tori – in SM-g Nakameguro

中目黒SM-g にて開催中のTOTTORI craft 2に行ってきた。この展示は2月17日より代官山、恵比寿、中目黒界隈で開催している鳥取物産展 “co-tori” 中の一企画となっている。co-tori はちょくちょくfacebook 等でもサイトをシェアしている人もいて、主に代官山好きの女性達にだろうが、結構注目されてもいるよう。どんなかたちにせよ郷土が東京の人々の話題にされることは嬉しい。

さて、今回の展示は前回同様、中井窯、牧谷窯、山根窯、延興寺窯、など鳥取を代表し、そして現代の民藝においても注目されている常連の窯元が中心だった。今回はいつもに増して中井窯作品の存在が目立つ配置になっていたように思う。

そして、延興寺と山根。延興寺窯はまだひとつも持っていない。無骨な感じで嫌いじゃないんだが、どうしても華のある作品にまだ目が行きがちで、もうしばらくあの良さを本当に分かるまでには時間と色んなモノを見る経験が必要だ。

牧谷窯

延興寺窯

山根窯

今回購入したのは、中井の急須と山根のミルクピッチャー。中井窯はコーヒーカップを持っていてもう十分かなとおもっていたが、この急須はなかなか見ないモノで、ウチには岩井窯の大ぶりのポットがあるんだが、大小使い分けでも出来るかな、と自分を納得させる理由を考えて購入。ミルクピッチャーは花瓶的使い方をするつもりで。

左:中井窯 右:山根窯

TOTTORI craft 2 は3/3まで開催中。ちなみに次回はなんですか?とショップの方に聞いたところ、次回は絵付けです、とのこと。こちらも楽しみ。

SM-g ※SMLのサイトから詳細見れます
http://www.sm-l.jp/

 

Israeli cuisine Ta-im

The other day accidentally I found an Israeli restaurant which is located between Ebisu and Hiroo. Actually it’s kind of small shop as it’s called “an restaurant”, but I don’t know same word as “食堂” in English… shop?

I think it’s my first time to eat an Israeli cuisine but I liked that indeed.

And the owner of the “shop” was really friendly, he’s writing customer’s name on the wall in Hebrew. It reminded me of the wailing wall, of course those two things are quite different, only same as “wall”.

He’s really nice person, and his cooking’s as well. You should go there.

Israeli cuisine Ta-im


View Larger Map

Ghibli Museum, Mitaka in Tokyo

The last day of New year holiday I visited in Ghibli museum in Mitaka-shi, it’s my first time to come there since it had been build.

The reason why I hadn’t visited for a long time is they have a little complex ticket system. First, you have to decide what date and time you want to visit there and then you can check it’s available or not on LOWSON’s ticket service on the web or by their own device in stores. If you’re not member of LOWSON’s ticket site when you check it on the web you have to become a member, but that process make us feel annoying a lot. After through those process you get a ticket.

When I got to the entrance, there’s already a long lineup to waiting next time. And I’ve been surprised many foreign people were waiting there, not only asian but also caucasian.

You can see the big Totoro during through the entrance.

Inside of the museum, I thought it’s consisted of three parts, Ghibli’s work materials, stuffs like picture books that Ghibli and Hayao Miyazaki had got influence and inspirations for their works, and stuffs such as statues and buildings which appearing in films.

The castle in the sky

“Nekobus” in My Neighbor Totoro

Ghibli Museum
http://www.ghibli-museum.jp/en/

View Larger Map

Back to Tottori in New Year day

年末年始と帰郷した際の発見をいくつか。

1. 味歴あんべ

山陰の冬の味覚を代表する松葉ガニが食べれる店。北海道で食べるタラバガニとは全く違う、細身の蟹。こちらの方が味がしっかりあり甘みもある。その親ガニという、小ぶりだが卵を持つ蟹の丼、その名も親ガニ丼。蟹の味噌汁はお代わり自由で2500円也。
2. スーパーはくと号の手洗い鉢

鳥取〜京都間を走る特急スーパーはくとの車内にある洗面台は、因州を代表する焼き物のひとつ、中井窯のものだった。中井といえばそのキャッチーな3色のバランスからなる皿やカップが東京SMLやBEAMSでも定番商品として置かれている、人気窯。何度も乗っているのに今まで気づかなかった。自分が陶器に興味を持ったのが最近のことだからというのもある。

中井窯の洗面台

3. やはり雪は積もる…

今更発見というわけでもないが、やはり年末年始は雪が積もる。なので正月に飛行機で帰郷することが出来ない。理由は鳥取空港が雪に弱く、離着陸が出来ない可能性があるから。冬場の帰郷は1日がかりなのだ。

Sakanaction

Only Japanese.

を最近よく聴いている、という話。彼らに注目したのは今年のフジロックのパフォーマンスを見た時。邦楽の王道 meets エレクトロロックというスタイルが心地良い。思うにフジロックに出たのはバンド的に大成功だったんじゃないだろうか。名前は知っているけれどちゃんと聞いたことの無いロック好きに音楽性をアピールする場としてはフジロック以上は国内に無いと思っているのだが、まさにあの場で30代以降の音楽について小ウルサイ連中に「意外といいじゃん」と思わせたのは大きい。そう、すでに10代20代の音楽好きには浸透してたと思うけれど、自分を始め30代になると新規バンドの開拓意欲がどんどん無くなっていく人が多いようで、名前はちらほら目にするけどちゃんと聴いたことが無いバンドやミュージシャンがどんどん出てくる、というのが30代以上の音楽好きに多く観られる共通項。

で、何を聴いているのかというと今年ZEPP TOKYOで行われたというライブ版「SAKANAQUARIUM2012」良いバンドの定義は、録音されたアルバム以上のパフォーマンスをライブでする、だと信じているが、このライブ盤も彼らが平凡で退屈なバンドではないということを証明している。

 

Juro Saito × Yoshinori Sugimoto Ceramics Exhibition in SM-g Nakameguro

This entry is only Japanese.

中目黒SM-g にて開催中の齊藤十郎 ✕ 杉本義訓(牧谷窯) 二人展に行ってきた。齊藤さんは静岡でJuro Potteryを、杉本さんは鳥取で牧谷窯を開窯しているわけだが、ルーツが共通していて二人とも鳥取の岩井窯、山本さんの元で修行していた過去がある。杉本さんは作品作りの傍らサーフィンを楽しむ海の男であることは以前窯を訪ねていった際に聞いた話だが、今日スタッフの方と話をしていて教えてもらったが齊藤さんの出身は藤沢の方らしい。ひょっとしたら海が好きという点でも共通しているかもしれない。そんな二人の展示は作品の特徴がはっきり分かれていて観ていて楽しいものだった。齊藤さんはというと、土のにおいがしそうな無地のカップも好きだが今回の展示で多くを占めていたのはスリップウェア。一方杉本さんは、ひと目でそれと分かるポップな色使いも見られる練り上げ。杉本さんの作品はショップの会計皿やカード入れにも使われていたりと、スタッフさんも気に入ってそう。齊藤さんのスリップウェアは数ヶ月前に同店舗で行われた山田洋次さんのスリップウェア展にも劣らない見応え。

Makidani Pottery

Juro Pottery

Juro Pottery

本日購入したのは小皿と朝食のパンに丁度良さそうなサイズの中皿。マグカップはここ最近ストックが増えすぎてきたので、泣く泣く断念した。

SM-g:
目黒区青葉台1-15-1 AK-1ビル1F
tel 03-6809-0696
SML: http://www.sm-l.jp/